3/30(SAT)
Jupiter #48

<出演者>

DJ AKi 6 HOURS JOURNEY

//LOUNGE DJs//
produced by FUTURE FORCES

ITTI / SPYKEY / SOLANINO and more...

OPEN 23:00 ¥2500(1drink)

Profile

DJ AKi
''01年にニューヨーク より日本に帰国し "06S" のレジデントアーティストとして WOMB での活動を開始。 精力的に海外のトップアーティストと共演すると共に日本に紹介し、日本全国のシーンの拡大に務めている。 現在までに、イギリス、オーストリア、セルビア、オランダ、アメリカ、ブラジル、台湾、韓国、中国、タイ、シンガポール と世界各国への進出を果たす。そして、自主レーベル "06S RECORDS" を立ち上げ、現在までに、3タイトルのシングルと、4タイトルの MIX CD をリリース。またイギリスのドラムンベースレーベル "HOSPITAL" と "SPACE RECORGINGS" からも ES9 名義で楽曲をリリースしている。 '07年ロンドンの老舗、THE END で開催されていた、ANDY C 主宰 RAM RECORDS のパーティー "RAM NIGHT"。 FABIO のパーティー SWERVE。リバプールのエレクトロミュージックフェスティバル "CHIBUKU SHAKE SHAKE"、LONDON の大型ベニュー FABRIC と、日本人アーティストとして 異例の UK TOP ツアーを敢行。'09年には、LONDON の最先端ベニュー、"MATTER" で、開催された "RAM NIGHT" に出演。 '10年、セルビア共和国で開催されている "SUPER NATURE FESTIVAL"、オーストリアの5万人規模のヨーロッパ最大級フェスティバル "BEATPATROL"、ロンドンの FABRIC にてバイマンスリー開催の屋内最大級のドラムンベースパーティー "RAM NIGHT"、幕張メッセで開催されている "WOMBADVENTURE" と、世界中のフェスティバルに出演。 '11年、iTUNES にてリリースされた、NIKE+ BASIC RUN [SPEED] MIXED by AKi が、iTUNES 総合アルバムチャートにて、THE BEATLES、YMO に次き第3位にランクイン。dBridge 主宰 EXIT RECORDS のサポートにより完成した作品は、多方面より、大きな反響と話題を呼んだ。 リミックスワークは、CHASE & STATUS の AGAINST ALL ODDS、倖田來未の "BUT / DJ AKi ES9 REMIX"、 GENNKI ROCKETS の HEVENLY STAR 等を手掛けている。 ハードな完全フロアー対応のスタイルと、メローで艶やかなラウンジライブセットを巧みに操り幅広い クラウドを魅了している。そして、国内外から日本を代表するドラムンベースアーティストとして今後の更なる活動に注目が集まっている。

■OFFICIAL WEBSITE
http://www.djaki.jp/

4/6(SAT)
Neptune

<出演者>

-MAIN FLOOR-

//GUEST LIVE//
Shin-Ski
adaptrook

//GUEST DJ//
DJ GALAXY

//LIVE//
山口兄弟

//DJs//
ISIDOR (WAO!RECCODS)
DAI(Human Music)
oto
Taketo
mousetrap
shouhei
black
SOUTA
J.YU-KI
TOKIO
junya hiraga

OPEN 16:00 CLOSE 23:00 ¥2500
with FLYER ¥2000

Profile

Shin-Ski
中学時代、プリンスに衝撃を受け、音楽活動を開始。95年に渡米。本場のヒップホップ、ハウス、テクノ等のダンスミュージックの洗礼を受け、音 楽制作を始める。 帰国後Shin-Ski名義でInsight、Time Machine、Funky DL等、海外の注目アーティストのアルバムでトラック制作/リミックスを多数手掛けるかたわら、日本のロックバンド = くるり「赤い電車」のリミックスも手掛ける等、ヒップホップ・フィールドのみに止まらない懐の深さと卓越した音楽センスを披露。ソロ活動と並行して、 Insight、smooth currentとのユニット:Shinsight Trioや、Koji Taninakaとのユニット: designed peopleとしても活動中。2012年より自身のルーツでもあるエレクトロニックミュージックと民族音楽をポップスとして融合させたプロジェク ト:ALMA DE STELLAとしても活動開始。2016年にShin-Ski名義としては7年ぶりとなるアルバム"MEMORIES"を発表、フランス、中国、台湾など、国境を超えライブ活動を行う。その経験を音で表現した最高傑作Virtualityを2018年発表。近年はTHE NORTH FACE、FUJI FILM等の映像音楽方面でも精力的に活動中。ジャンルを超越したオ リジナル楽曲を創作する傍ら積極的にライブパフォーマンスを展開中。日本人ならではの繊細さと、アメリカ仕込みの大胆さの絶妙なバランス感が魅力の希代の アーティスト。

He started playing music in his early teen as a band member. In 95, Shin-Ski moved to USA for his college education in music, while he was there he was touched by the sounds of HipHop, Techno, and House music and started making music by his own. After coming back to Japan Shin-Ski started his career as a music producer and musician. Besides from his solo career Shin-Ski also formed a group "ShinSight Trio" with Insight The Truncator and DJ RYOW a.k.a smooth current, and released 3 albums by now. Shin-Ski's music is well recognized even outside of HipHop industry, which also lead him to work on several remixes of Japanese Rock bands. His music style is very versatile and unique yet very recognizable, mix of HipHop, jazz,Techno and yet turned into something new. His music has a high affinity with visual images. Someone can see a clear image by just listening to the sounds. He draws cosmic soundscapes through the sounds. Since his style can't fit in one genre, He also works on alter-ego project "ALMA DE STELLA" and creates ethnic electronic music, and is involved in "designed people" as well. Shin-Ski performs excellent live shows with pads and knobs, and have been to do shows in all over Japan, and even outside such as France, China, Taiwan.



adaptrook
心地よいグルーブ、特異なBEATに描かれるサウンドスケープはディープで革新的。Environmental soundを多く取り入れた楽曲等も特徴的で空気を震わせる事で心も震わせ身体を踊らせる。
ヒップホップ、ジャズやラテン音楽、電子音楽の影響を強く受けておりGil Scott Heron、J Dillaに多くを学びヒップホップ、エレクトロニカ、アンビエントを中心にあらゆるジャンルを横断する唯一無二のビートメイカーである。
主にレコーディング、サンプリングを繰り返しOrganelle、SP-404からAbleton liveに流し込み実験的かつ建設的な手法で音の連なりを構成している。

またシャイな彼は自身の顔を出さない事でも有名だ。

DJ GALAXY
東京都出身。DJ/Producer
2006年、DJ TONKと共にインディーレーベルMilk dipperを立ち上げる。今や伝説となったcahartt presents "bathroom"にもゲスト出演し、Pete Rock, C.L Smooth, Group Home, Large Professorなど、様々なHip Hopレジェンドたちと共演を果たす。オーガナイザーとしてもTENGUというイベントを主催し、Kero One, Omega Watts ,Substantial の東京公演を主催するなど、 アメリカのアンダーグラウンドで活躍するアーティストとも交流を深めていった。その後も、海外アーティストの来日公演を主催し、9th Wonder, Talib Kweli, Steph Pokets, Onra, Questlove、Slum Village, Camp Lo などの東京公演をプロデュース。
2014年にCamp LoのJapan Tourにて、7インチアナログを限定発売し、【Yuichiro a.k.a Galaxy】名義の、「TOKYO BX」「Rising」の二曲入りのレコードは 、Camp Loをプロデュースした曲で早くも激レア化している。このレコード発売をきっかけにインディーレーベルWAO!RECORDSを設立する。
2015年には、BLACK.JPというパーティーを立ち上げ、これまでに Craig-G(Juice Crew)、Chelsea Reject、Ruste Juxx、A.G(D.I.T.C)、BLACK MILK、Sing02などの東京公演を行い話題を集めた。
そして2016年には、NYのマンハッタンにて、日本からのゲストDJとしてプレイし、Statik Selektah、Evil Deeと共演。
2017年8月には日本とNYをつなぐコンピレーションアルバム『Metropolis』が発売され、Duck Downの若き天才MC Raz Frescoをプロデュースし楽曲提供している。さらにRaz Fresco と あのWU-TANG CLANのRaekwonとの楽曲 "Infuluenza"の7インチアナログ限定リリースに伴いRemixをプロデュースし、そのレコードにGalaxy Remixが収録されている。
2018年には、ふたたびNYでDJし、スミフンのTEKや、Street LifeでおなじみのInteligent Hoodrumとも共演している。

4/13(SAT)
Honey Badger
-Chrumi Birthday Bash-

和製テクノレーベルSPECTRA所属アーティスト・Chrumiの
Birthday Bash。
"Honey Badger"は可愛らしいビジュアルでありながら高い
攻撃性を持つ動物、ラーテルを意味します。
今回のパーティでは、温厚な人柄でありながら音に対しては
ストイックで個性の光るラーテルのようなギャップを持つDJ陣
を集めました。
メイン・ラウンジともに芯の強さが際立つラインナップです。

<出演者>

-MAIN FLOOR-

//DJs//
i
EMA
DJ HEY
flash rice (flashlight × NAlli)
rents -live set-
WOCASI -live set-
Chrumi

//VJ//
南無阿弥

-LOUNGE FLOOR-

//DJs//
Onnoji
ヤマダさんとサイトウさん(SANTA × MAKO)
寝癖
pey
MAIMAI

OPEN 17:00 ¥1500(1drink)

Profile

Chrumi
4歳よりピアノを始め、幼少期から音楽が生活の一部となるバックボーンが彼女の音楽感性を作っていった。10代にはアカペラでライブハウスや商業施設でライブ活動を続け、大学では音楽学科に進学。20歳からDTMでの楽曲制作を開始。ダンスミュージックの高揚感と可能性を感じ、持ち味の音楽的なピアノのメロディを、ハウスやテクノへ取り込んでいく独特な作風を持ち味に、その個性を高めていった。2017年にDJ活動を開始。独自の音楽的な作風を得意とする才能が決めてとなり、2018年にHIROYUKI ARAKAWA主宰のSPECTRAに加入。2019年5月には自身初となるフルアルバム「Quiet Liquor」を同レーベルよりリリースする。