6/1(FRI)
オトノハ
1st Anniversary

2017年に始動して以来、ジャンル横断的に良質のダンス
ミュージックを鳴らし続けている音楽パーティ「オトノハ」。

記念すべき1周年は、パーティの新たな拠点である青山fai
での開催となる。

1周年に相応しいGuest DJには、いま東京で最も熱いDisco
Party「MODERN DISCO」を主宰するTAAR 、そして恵比寿
Sureeでの月例Techno Party「来夢来人」主宰のTakiの
両名を招致した。

在るべき空間を探求し続け、深化・変容するオトノハの節目で
ある1st Anniversaryへ、是非足を運んで頂きたい。

<出演者>

//GUEST DJ//
TAAR
Taki

//LIVE//
Yu Waranabe

//MAIN FLOOR DJs//
Roy
Zag
hype
M.A.T

//LOUNGE FLOOR DJs//
i
Ray
zera
MRMYX
uni
Gnski
BUGOCTET
Leo Gabriel
kiyora

//FOOD//Sky burger

OPEN 22:30 ¥2500(1drink)
ADV \2000(1drink)

Profile

TAAR
東京を拠点に活動するDJ/トラックメイカー。常に変化するシーンに対し柔軟にスタイルを変化させながらも一貫したオリジナリテイを追求し、都内はもとより全国各地のダンスフロアを沸かしている。世界各国のプロデューサーにもファンが多く、SINDENから「最も注目しているアーティスト」と言わしめ、CROOKERSからは直々のオファーによりリミキサーに抜擢された。オーストラリアの人気ダンスミュージックサイトIN THE MIXでは“これから注目すべき25歳以下の25人のトラックメイカー”としてAvicii、Maya Jane Coles、CANBLASTER等と共に名を連ねる等々注目を集める中、2012年に自主制作で1stアルバム『abstrkt』をリリース。限定生産でのリリースとなったこのアルバムは全国のレコードショップで品切れが続出し即完売した。特に国内外のダンスミュージックを専門に扱うレコードショップGAN-BANでは発売2週間でその年に最も売れたアルバムとなる大ヒットを記録。続くリミキシーズアルバム『re:abstrkt』にはJUN (80KIDZ)やFragment、DJ SODEYAMA他、世代やジャンルを超えたリミキサーに迎え話題となった。Mercedes-Benz Fashion Week TOKYOにおいてショーやエキシビジョンの音楽プロデュースや楽曲提供も行っており、DJ/トラックメイカーの枠に留まらない“次世代の音楽家”として活躍が期待されている。



6/2(SAT)
Spirit Soul Presents
Aurora

北海道の日本人音楽プロデューサー/Music Selectorの
Fuminori Kagajoの公演が急遽決定!!!

Barbara Tuckerをはじめ、Josh Milan(Blaze)、Kathy Brown、
Stephanie Cooke、Marc Evans、Joi Cardwellといったハウス
ミュージックのヴォーカリスト達と共作、King Street Sounds、
Hed Kandi、Quantize Recordingsといった海外名門レーベル
より定期的にリリース中の、国内Soulful Houseシーンを牽引
するNamyプロジェクトのプロデューサーであるYutaka Takanamiが
中心となって2017年9月に立ち上げたレーベル"Spirit Soul”

2017年NYからDJ GOMI、香港からDJ FUDGE、ボストンから
U-Key&Saucy Lady、さらにN’Dea Davenportをパーティに招聘。
同年10月にADEでのローンチパーティーを開催。

2018は、Louie Vegaからの信頼も厚いイタリア人プロデューサー
/ DJのMark Di Meoの来日ツアーも成功させる。

今回もライブセッションをいれたスペシャル企画として青山faiにて
アフタヌーンパーティーとして開催。

Kaoru OnoとJABBERLOOPのMAKOTOのライブをはじめYuichi
InoueとSoulstar Records / King Street Sounds / Sevensenses
Recordingsなど、国内外から楽曲がリリースされているシンガー
MASMINによるライブも見逃せない。

愛にあふれた音楽を全身で浴びよう。

<出演者>

-MAIN FLOOR-

//SPECIAL GUEST//
Kagajo Fuminori from Hokkaido

//RESIDENT//
Namy feat. Masmin
Vita (guriguriboys)
TED

//LIVE//
Kaoru Ono feat.MAKOTO (JABBERLOOP)

//ACT//
Dr.DJ ATSUKO
COQDO RECORDS
hidemi
KITKUT
Masatoshi Nakagawa
MAETA
INDIGO
Tsunakawa
Tomomon
MIE
and more...

OPEN 16:00 CLOSE 23:00
¥3000

Profile

Kagajo Fuminori
DJ/プロデューサー。96年、DJ活動を始める。札幌を拠点としながら、日本国内 、イギリスにてクラブ、ラウンジ、ファッションショーなどで活動。地元・札幌ではHOUSEミュージック界のLegend故Frankie Knuckles等のサポートDJを務め、またSapporo City JazzやArt Aquarium等にも出演。 2007年、友人とのユニット「Rawtech 45 Adaptors 」でTalc、Jazz Chronicles等のリミックスを手がける。また、北欧の人気のレーベル「G.A.M.M」のコンピレーション『Doin’ James』へGeisha Boys 名義で楽曲提供をし、Mitsu the Beats のMix CD「Extra Feeding3」に収録されるなど、Jazz界隈のトップDJから高い評価を受ける。 2010年にNYの名門HOUSE レーベル、King Street Soundsより『Piece of Heaven feat. Adeola Ranson』をリリースしTony Humpries等の大物DJ達から数々のfeedbackを獲得。また、シングルを先行リリースしたダンスミュージック専門配信サイト『Traxsource』でTop3 にチャートインするなど話題を呼んだ。 その後も海外のレーベルを中心に作品を発表し続け、2016年にはSoulfulHouseシーンのトップレーベルでもあるDJ Spen主宰のQuantize RecordingsからもリリースするなどしTraxsourceのBest Of Artist 2016のSoulful House部門でTOP100に選出される。同年にイタリアのレーベルからリリースした12inch「Chase Down EP」はDanny Krivitも都内のレコードショップで購入するなど人気の高い作品で現在は入手困難になっている。 国内では『SOULS』、『BEATS』等の楽曲で人気を博したシンガー、bird をフィーチャーした『Beautiful Sky feat. bird』を発表し、FM NORTH WAVE 2011年10月度のMEGA PLAYを獲得。翌年にはイタリアの老舗レーベル、IRMA Recordsから自身がセレクトしたコンピレーション『Cross Generation』をリリースする。 そして2018年には待望のCDアルバム『TIMELESS』を自身が立ち上げたレーベルより発表。海外からはCoolys Hot Boxのメンバーでも知られる人気シンガーAngela JohnsonやTracy Hamlin、TraxsourceのTop 100 Vocalists of 2017の第1位にも輝いたMike City等が参加。国内からはJiLL-Decoy assciationのヴォーカルchihiRoと澤田かおりが参加する豪華な顔ぶれで注目を集め、独占先行配信した『Spotify』のViral Top50(日本)ではアルバムのリードトラックでもある「No Pressure feat. Angela Johnson」が最高8位を記録した。 その他にも、CM音楽の制作やパフォーマーである兄・匡貴のステージパフォーマンス『scherzo(スケルツォ)』の音楽を手がけ、 またクロスホテル札幌のサウンドブランディングを担当するなど精力的に活動。今後の活躍が期待される日本人DJ / プロデューサーの1人である。



6/23(FRI)
Jupiter #39

<出演者>

DJ AKi 6 HOURS JOURNEY

//LOUNGE DJs//
produced by FUTURE FORCES

OPEN 23:00 ¥2500(1drink)

Profile

DJ AKi
''01年にニューヨーク より日本に帰国し "06S" のレジデントアーティストとして WOMB での活動を開始。 精力的に海外のトップアーティストと共演すると共に日本に紹介し、日本全国のシーンの拡大に務めている。 現在までに、イギリス、オーストリア、セルビア、オランダ、アメリカ、ブラジル、台湾、韓国、中国、タイ、シンガポール と世界各国への進出を果たす。そして、自主レーベル "06S RECORDS" を立ち上げ、現在までに、3タイトルのシングルと、4タイトルの MIX CD をリリース。またイギリスのドラムンベースレーベル "HOSPITAL" と "SPACE RECORGINGS" からも ES9 名義で楽曲をリリースしている。 '07年ロンドンの老舗、THE END で開催されていた、ANDY C 主宰 RAM RECORDS のパーティー "RAM NIGHT"。 FABIO のパーティー SWERVE。リバプールのエレクトロミュージックフェスティバル "CHIBUKU SHAKE SHAKE"、LONDON の大型ベニュー FABRIC と、日本人アーティストとして 異例の UK TOP ツアーを敢行。'09年には、LONDON の最先端ベニュー、"MATTER" で、開催された "RAM NIGHT" に出演。 '10年、セルビア共和国で開催されている "SUPER NATURE FESTIVAL"、オーストリアの5万人規模のヨーロッパ最大級フェスティバル "BEATPATROL"、ロンドンの FABRIC にてバイマンスリー開催の屋内最大級のドラムンベースパーティー "RAM NIGHT"、幕張メッセで開催されている "WOMBADVENTURE" と、世界中のフェスティバルに出演。 '11年、iTUNES にてリリースされた、NIKE+ BASIC RUN [SPEED] MIXED by AKi が、iTUNES 総合アルバムチャートにて、THE BEATLES、YMO に次き第3位にランクイン。dBridge 主宰 EXIT RECORDS のサポートにより完成した作品は、多方面より、大きな反響と話題を呼んだ。 リミックスワークは、CHASE & STATUS の AGAINST ALL ODDS、倖田來未の "BUT / DJ AKi ES9 REMIX"、 GENNKI ROCKETS の HEVENLY STAR 等を手掛けている。 ハードな完全フロアー対応のスタイルと、メローで艶やかなラウンジライブセットを巧みに操り幅広い クラウドを魅了している。そして、国内外から日本を代表するドラムンベースアーティストとして今後の更なる活動に注目が集まっている。

■OFFICIAL WEBSITE
http://www.djaki.jp/