3/6(FRI)
Fainalize
×
Impressive

fai青山がしかける新レギュラーパーティ"Fainalize"が始動。
今第一線で活躍するヘッドライナーを毎週PICK UPし、
さらにクラブシーンで良質なパーティを展開するオーガナイザー,
DJをフューチュアしていくスタイルで開催。

今回はアメリカ、ドイツ、イギリス、イタリア等世界各国/各レーベルから
ソロ作をリリースし、全世界で50を超えるコンピレーションに楽曲が
収録される程の高い評価を獲得しているYukihiro Fukutomi(福富幸宏)をフィーチュア。
そしてオーガナイザーでNOBUHISAが新宿otoで過去に手がけたImpressiveが復活し、
イベントをサポートする。

美味しいお酒を飲みながら、素晴らしいサウンドシステムから
鳴り響く音楽に身を委ねてみてはいかがだろうか。

<出演者>

-MAIN FLOOR-

//GUEST DJ//
Yukihiro Fukutomi

//DJs//
NOBUHISA (AWAKE)
SHO YAMAGUCHI (WAG/MAVEN)
ryota kojima
Sayatec
Coota (oasis)

-LOUNGE FLOOR-

//DJs//
ITOITOI (cowabunga)
KAMIYA (in the mix)
YUA
cocokimico
deejade
HIROMI

//Live Paint//
napeji

OPEN 23:00 ¥2500(1drink)
with FLYER ¥1500(1drink)

Profile

Yukihiro Fukutomi
1988年に初めてNYを訪れた際ハウス・ミュージックにノックアウトされ、以来一貫して「ハウスの本質と多様性」を追求すべくDJ,制作活動を行ってきた。その作品は常に様々な音楽のエッセンスを含み、容易にはカテゴライズし辛いものであったが、それが故に持つオリジナリティは国内よりむしろ海外Jazzシーンで高く評価される結果となり、'99年以降リリースされた作品は全てワールドワイドリリースを果たしている。近年はよりディープでコアな作品を発信すべく、別名儀「Foog」としても活動。多数の楽曲をbeatportなどのデジタル・リリース中心に発表している。DJとしては今年で25周年を迎え、現在も精力的に活動中。

■OFFICIAL WEBSITE
http://www.styrism.com/manageme…/yukihirofukutomi/index.html

3/7(SAT)
Icon &No.10

<出演者>

-B2F MAIN FLOOR-

//GUEST DJ//
DJ KAWASAKI
YOU THE ROCK★
DJ MARIAH CHALLY a.k.a. GUINNESS

//DJs//
J BRASSIERE
BASSY
DJ DUDE
HOPE
JUNKIE DEFTROY
KAITO
KIM2
KUWA
mochiDisco
tavris F.modzplay
MUSE
140
タガー

OPEN 23:30 ¥3000(1drink)
with FLYER ¥2000(1drink)

Profile

DJ KAWASAKI
’05年King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。’06年、コロムビアよりメジャー・デビュー。この4年間で関連作品総セールスは30万枚を超え、新世代ハウス・シーンを牽引する存在となる。iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。海外のTOP DJらにも高く評価されている。

■OFFICIAL WEBSITE
www.extra-freedom.co.jp/artists/dj_kawasaki/
www.facebook.com/djkawasaki

YOU THE ROCK★
1971年9月5日生まれ
まだ「RAP」や「HOP HOP」という言葉が世間に浸透していない時代から、ソロでの活動はもちろん、DJ BENとのコンビネーションや雷の一員として「CHECK YOUR MIC」「BLACK MONDAY」「SLAM DUNK DISCO」「亜熱帯雨林」「鬼だまり」「雷おこし」など数々の伝説的なアンダーグラウンド・パーティーにてマイクを握る。
1995年からはTOKYO-FMの「HIP HOP NIGHT FLIGHT」のパーソナリティーを3年間務め、現在第一線で活躍している多くのラッパーやDJをフックアップ。1996年にcutting edgeに移籍し、その年の7月7日には日比谷野外音楽堂で行われた「さんぴんキャンプ」に出演。日本のHIP HOPシーンを牽引していくMCの一人として活躍する。2000年には「HIP HOP ROYAL 2000」を主催。「さんぴんキャンプ」と同じく日比谷野外音楽堂で行われたこのイベントは、日本のHIP HOPの主要アーティストが派閥を越えて集結した。同時期からPIZZICATO FIVE、SILVA、藤井フミヤ、鈴木亜美、COCOBATなど、HIP HOP以外のアーティストの作品にも積極的に参加。また、「笑っていいとも」出演を機にメディアへの露出が増え、TBS「CDTV-Neo」「U-CDTV」やNHK教育「天才てれびくんMAX」などのTV番組にレギュラー出演。まさに"OVER THE BORDER"な活動を通して、お茶の間への日本語ラップの普及に貢献する事になる。日本を代表するラップマシーンとして、今までに合計10枚のアルバムをリリース。そして2013年、ヘッズ待望の新曲は自身も愛用するB-BOYど定番のアイ・ウェアブランド、「カザール」をテーマにしたストリート・アンセム、"CAZAL"をDJ KEN WATANABE & SWAYと満を持して発表し、PV共々各地で話題を独占中。日本のHIP HOPを本当の意味でメジャーにするための努力を続けている。人生をHIP HOPに捧げた本物の兄貴といえる数少ない存在である。YOU DON'T STOP THE BODY ROCK★★★

3/14(SAT)
Gourmand Music
Recordings Night
TOKYO

世界の注目を浴び続けるフレンチ・ハウスシーンから、
注目の新世代ハウサーJR From Dallasが初来日、
レーベルナイトを開催する。

いまやハウスシーンのトップレーベルとなった
Phil Weeks主宰のRobsoul Recordingsを始め、
Tango Recordings、Flatpack Traxx、Phobic Recordings、
Kolour Recordingsなど数多くのレーベルで活躍し、
同時にレーベルオーナーとして自身のGourmand Music
Recordingsから良質なアンダーグラウンド・ハウスをシーンに
供給し続ける、注目のフランス新世代ハウサーJR From Dallasが初来日。

昨年11月に、同レーベルより日本人として初のリリースとなる
デビューLPをリリースした、DJ LULU & DJ Gasとともに
レーベルナイトを開催する。

また、代官山Airにて開催されるROUNDHOUSEの
レジデントDJとしてDerrick Carter、Mark Farinaらの
ビッグアーティストと共演する日本のアンダーグラウンド・
ハウスシーンのトップDJデュオNEBU SOKU、日本屈指の
ジャッキンハウス集団HOTHouse BOYsも出演し、
シカゴハウス直系のピュアでジャッキンなアンダーグラウンド・
ファンキー・ハウスミュージックが満載のファン待望の一夜となる。

<出演者>

-B2F MAIN FLOOR-

JR From Dallas (Gourmand Music Recordings, Robsoul Recordings / FRANCE)
NEBU SOKU (Amenti Music, KSR / TOKYO)
DJ LULU & DJ Gas (Gourmand Music Recordings / TOKYO)
Hothouse Boy's (Hothouse Tokyo - TOKYO)

-B1F BAR FLOOR-

#401Crew
Mr.Panda
gou.s
Omurais
Susumu Okuno
Tomoki-chi
EFK
and more...

OPEN 22:00 ¥2500
with FLYER ¥2000

Profile

JR From Dallas (Gourmand Music Recordings, Robsoul Recordings / FRANCE)
DJ・Producer、そしてシカゴハウスピュアリスト。ジャッキン・ハウスやディープハウス、テックハウスに影響を受けながらも、90sハウスのオールドスクールなビートを軸に持つ彼の楽曲は、Phil Weeks,Mark Farina,Hector Moralez等のアンダーグラウンド・ハウスのトップアーティストから支持され続けている。2007年に自身のGourmand Music Recordingsを立ち上げ、自身の楽曲は勿論のこと世界中のアーティストによる優良なアンダーグラウンド・ハウストラックをリリースし続けるレーベルオーナーでもある。2011年には、いまやハウスシーンのトップレーベルとなったPhil Weeks主宰Robsoul Recordingsより”Body & Soul EP”をリリースし、一躍フランスの新世代アーティストとしてハウスシーンの注目株となった。今回初来日となる彼のDJは、ファンキーなハウストラックを中心に、直線的なテックハウスグルーヴから、うねる黒いグルーヴ、ディープハウス、ジャジー、ディスコなトラックまで縦横無尽にミックス、そこにオールドスクールなハウストラックを織り交ぜるスタイルであり、全てのハウスミュージック好きを必ずや満足させるだろう。



NEBU SOKU (Amenti Music, KSR / TOKYO)
MEGUMILKとKai Ishikawaによる神出鬼没のDJ/プロデュース・ユニット。音大で徹底的に教育を受けたMEGU MILKのバックボーンとKai IshikawaのDJ的なマインドを融合させ、Deep Houseを中心に愉快でドープなエレクトロニック・ミュージックを制作/プレイしている。現在、ROUNDHOUSE @air、DEEP&TECH @ORIGAMIにレジデントDJとして参加する他、都内各所、時には地方や海外でのパーティーやイベント、フェス等に参加。また、彼らが作り出すオリジナル楽曲/ReWorksはDerrick Carter、Tom Middleton、Maya Jane Coles、H-Foundation、Delano Smith、Mark Farina、DJ Heather、Ian Pooleyはじめ世界的なダンス・ミュージックのDJ達からサポートを受け、これまでにKSR, Sony, U/M/A/A, avex, RainbowやSFのAamenti musicなどからオリジナル、リミックス作品と4枚のDJ Mixをリリース。London Electricity, Steve Aoki, Ian Pooley, Dragonette 等のリミックスを手掛けた。またダンス・ミュージック以外に於いても映画/TV/ドラマ/ゲームや企業、ファッションブランドへの楽曲提供など、幅広いエンターテインメントの分野で日夜活動を続けている。



DJ LULU & DJ Gas (Gourmand Music Recordings / TOKYO)
2014年フランスのJR From Dallasのレーベル、Gourmand Music Recordingsから"Loops & Grooves LP"でデビュー。DJ Sneakに代表されるシカゴ第二世代のディスコリコンストラクトハウスから派生した、シカゴハウス・フレンチハウス・ウェストコーストハウスの影響を受けたファンキーなアンダーグラウンドハウススタイルでDJ活動を開始。サンプリングを主体としたアンダーグラウンドなビートに黒いノリをエッセンスにしたファンキーハウストラックで構成されたデビューアルバム"Loops & Grooves LP"は、Joss Moog (Robsoul Recordings), Iban Montoro & Jazzman Wax (King Street Sounds / Piston Recordings),らのニュースクールジャッキンハウスシーンのトップアーティストのサポートを受けている。



3/20(FRI)
Fainalize

fai青山がしかける新レギュラーパーティ"Fainalize"が始動。
今第一線で活躍するヘッドライナーを毎週PICK UPし、
さらにクラブシーンで良質なパーティを展開するオーガナイザー,
DJをフューチュアしていくスタイルで開催。

今回のPICK UPにはレーベルpsymatics主宰/Ableton認定
トレーナーであるKOYASを。
DJ Yogurtと共に3枚のアルバムをリリースし、大澤誉志幸/
曽我部恵一BAND/ケンイシイ等幅広いジャンルのリミックスを手がける。
2012年に蛍光灯のノイズをビートに昇華させる”蛍光灯バンド”を結成。
2013年にはレーベル”psymatics”を設立し、CD HATA(Dachambo)との
即興セッションユニット”CD HATAxKOYAS”と蛍光灯バンドの作品をリリース。
Ableton Liveを始め音楽制作についても深い造詣を持ち、
日本国内初のAbleton認定トレーナーであり、サウンド&レコーディングマガジン誌等
での記事の執筆やワークショップ講師なども行っている。

そして脇を固めるDJには都内各所でコンスタントに活動している実力派DJをチョイス。

代官山airでOPTIMISTをオーガナイズなどアートやファッション、カルチャー、
との音の融合を目指し、MINIMALを軸にHOUSEからTECHNO DOWN TEMPOなど
縦横無尽なプレーを得意とするTOBI(aRt OPTIMIST VJO)。
Oiran Musicに所属しオランダ7Stars Musicからのリリースも重ねる
注目のSakiko Osawaも登場。Lounge ProduceはTP。
都内で頭角を表してきた若手DJをbookingし、フレッシュな空間と音をお届けする。

美味しいお酒を飲みながら、素晴らしいサウンドシステムから
鳴り響く音楽に身を委ねてみてはいかがだろうか。

<出演者>

-B2F MAIN FLOOR-

//GUEST DJ//
KOYAS

//DJ//
TOBI (aRt OPTIMIST VJO)
Sakiko Osawa (OIRAN MUSIC)
HIROMI NOGUCHI (groundrhythm)
DJ At (Ableton Certified Trainer)
-B1F LOUNGE FLOOR-

//DJ//
TP
IRONY
ETSUKO
IKUKO
amie
Uki

//LIVE PAINT//
erp* (BASU)

OPEN 23:00 ¥2500(1drink)
with FLYER ¥1500(1drink)

Profile

KOYAS
レーベルpsymatics主宰/Ableton認定トレーナー
DJ YOGURT&KOYAS名義で、2010年にThe KLFの同名アルバムの20周年を祝した”Chill Out”や、入眠時のBGMというコンセプトの”Sound of Sleep and Meditation”、テックハウス色の強い”Sounds from Dancefloor”といった3枚のアルバムと1枚のリミックス集”REMIX WORKS 2010 TO 2013″をリリース。このリミックス集には、過去に手がけた大澤誉志幸/ケンイシイ/曽我部恵一BAND/奇妙礼太郎トラベルスイング楽団等ジャンルを超えた幅広いアーティストのリミックスが収録されている。2012年に蛍光灯をコンピュータ制御してそのノイズを音楽に昇華させる実験的なユニット、”蛍光灯バンド”を結成し、翌年ヒップホップデュオFragmentと共にフジロックフェスティバル レッドマーキーステージに出演。その後、自身のレーベルpsymaticsを設立し、蛍光灯バンド1st ”Let There Be Light”、2014年にはCD HATA(from Dachambo)と打ち込み機材で即興セッションするユニット=CD HATAxKOYASの1st ”Play Off the Cuff Vol.1″をリリース。また、ソロEP”In Search of Ethnic Dimension EP”をTotem Traxxレーベルよりリリースしている。音響機材やAbleton Liveに深い造詣を持ち、日本初のAbleton認定トレーナーの1人であり、Ableton Live関連のセミナー講師やプライベートレッスンも行っており、隔月でAbletonユーザーコミュニティーを構築するためのユーザーミーティング”Ableton User Meeting Tokyo”を主催している。また、雑誌サウンド&レコーディングマガジン誌での記事も執筆している。

■OFFICIAL WEBSITE
http://koyaspro.com/
http://psymatics.net/

3/21(SAT)
VASCO DA GAMA

青山fai第3土曜で開催13年目のロングランイベント。
多様で長いキャリアを持つDJ陣が、自ら音楽とお酒と
場の空気を楽しむために始めたイベントだけに、最新
チューン中心にセレクトしつつも特定音楽ジャンルに
こだわることなく、誰もが楽しめる肩に力の入らない
パーティーとして人気が高い。

現在の音楽ジャンルはハウスを中心にソウル、ガラージ、
ラテンなどが絶妙なタイミングでブレンドされるスタイルで、
老舗クラブの耳の肥えたクラウド達から『和製BODY&
SOUL』的な支持を集め、毎回記録的なアルコール売
上げとワインの空ボトルを量産し続けている。

<出演者>

-MAIN FLOOR-

//GUEST LIVE//Repun Kamuy (レプンカムイ)

//GUEST DJ//
ayapan

森本祐爾
関Z裕作

KAINA
松下大亮
SHUICHI
nakasho
eream
NOVGE
Tomo

-VJ-
Ryow-Ta

-FOOD-
九州どげんこげん

OPEN 23:00 ¥2500(1drink)
with FLYER ¥1500(1drink)

Profile

Repun Kamuy (レプンカムイ)
甘い歌声が奏でる珠玉のセツナ系ラブソング、眩しいほどに真っ直ぐなメッセージが心を揺さぶる。 暖かくも力強い彼らの音楽は、大海原を進む舟が目的地に着く様に聴く人を本来の居場所に戻してくれる。ビーチミュージックを軸にJAZZ,ROCK,REGGAE,R&B,HOLK,まで自在な味付けで早耳をうならせる最注目のスタイルで、彗星の如く現れたポップシーンの新たなるアイコン。

2013年
DJ,プロデューサー,トラックメイカーであるNOCKがVoヤマケンを発掘し結成。異色の組み合わせと音楽性が評判を呼び無名の新人ながら「cry no more my lady」がUSENのトップランキングに入ったり、TVのタイアップとなり話題に。

2014年
より暖かでナチュラルなサウンドを追求しバンドでの表現を選択。都内のクラブ ライブハウスを中心に精力的な活動を始める。

■OFFICIAL WEBSITE
http://repunkamuy.com/
https://www.youtube.com/watch?v=r7iqpH_SG5M
http://youtu.be/T0r4hXtoVxg